先日カルガリーより帰国しました!日々の出来事・体験したことや思い出を写真とともに綴ります。


by chappyhappy86
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:music( 8 )

Double Famousの集い

久々にチエックをしていたらやばいものを発見してしまった。。。
Double Famousが恵比寿ガーデンホールにてワンマンライブをやるらしい!
e0090591_17222948.jpg

"Double Famous presents Brilliant Colors" -15th Anniversary Special
2008.09.28 (sun) 恵比寿ザ・ガーデンホール
open 17:00 / start 18:00
[ゲスト] 中納良恵 (EGO-WRAPPIN')/ Leyona / 二階堂和美
[more info] http://www.doublefamous.com/


Double Famous15年といえど、過去のワンマンライブはたった6回のみだったらしい。ということでこれはかなり貴重なライブになること間違いなし。
誰か一緒に行かないー??


P.S. こちらは「火曜日のワルツ」の映像。名曲でございます。


[PR]
by chappyhappy86 | 2008-09-07 18:13 | music
今日はあいにくのお天気にもかかわらず、スカパラin野音に参戦。

おかげで今週一週間は毎日天気予報とにらめっこの日々。
がこちらの願いも空しくライブの時間帯の降水確率は50%とのことで、当日の時点でレインコートの持参が確定し微妙にブルーに。

雨の中のライブは3年前の朝霧JAMでのChemical Brothers以来。
あの時は富士山の麓で真夜中に雨の中、ねじが飛んじゃったかのごとく踊りまくりました。

そして今日もねじが飛んじゃってたようです。
というのも、今、猛烈な筋肉痛が強襲中。
雨の中とかこういう特殊な環境下って、人間のアドレナリンを高揚させてしまう何かがあるのだろうか。。。
結局、持参したレインコートの出番はなく、雨に打たれようが、服が濡れてしまおうがお構いなし。

嬉しいことに今日はアンコールで、かのBurt Bacharachの名曲「RAINDROPS KEEP FALLIN' ON MY HEAD(雨に濡れても)」のスカパラアレンジバージョン登場!
この曲は雨の日限定の演奏メニューということで、終わってみれば最初は嫌だった雨にも感謝。
ちなみに、スカパラのNew albumのタイトルは「WILD PEACE」ということで、そんな小さな幸せ的瞬間を周りの人たちと共有出来、今宵は「野音、最高ー!PEACE!!」の一言に尽きた夕べでした。

e0090591_22415518.jpgそしてそんなエキサイティングな宴の後は、消耗した体力とエネルギーを再チャージすべく、お腹いっぱいに牛を摂取。
こんなに楽しい時間を過ごせて、挙句の果てにおいしいものも食べれたのでまた今週も頑張ろうっと。


←Sukapara freak sistersのかたわれ。宴の後、本日のユニフォームの「PLAY LOUD SKA」のT-shirtsを着て、肉、焼いてます。同じ遺伝子を引き継ぐものとして血は争えないということで。。。
[PR]
by chappyhappy86 | 2006-07-09 23:39 | music

「fete de la musique」

e0090591_21204479.gif昨日は兼ねてから楽しみにしていた「fete de la musique」に友達と行ってきました。
天気のほうが心配で、朝起きてすぐに空模様を確認。
事前の予報に反してとりあえず雨ではなかったので、「なんとか持ってくれー。」と念じながら飯田橋に向け出発。

飯田橋で友達と会うと、行く前にまずは腹ごしらえということで、今回も再び「メゾン・ド・ラ・ブルゴーニュ」へ。
ちょうどお昼時だったこともあり、今回はテラスのほうは満席。残念。。。
ちょっと軽めのdejeunerということで、ワインを飲みながら、前菜のプレートなんかに舌鼓。
そうそう。今日は気になっていたスフレにもtryしましたよー。
2杯飲んだスパークリングワインも手伝って、お店を出る頃のほろ酔い加減が気分的にいい感じ。

そこからのんびりぶらぶら歩いて、日仏に向かいました。
ちなみに「fete de la musique」とはフランスの音楽のお祭り。
この日はフランスだけでなくフランス語圏の国のあちこちで、音楽をジャンルにこだわらずに一日中楽しもう!という趣旨でたくさんのイベントが行われる模様です。
私の本日のお楽しみ、「Double Famous」の登場は18:30頃とのこと。
日仏に到着すると、偶然入口でメンバーの青柳さんと民さんがちょうど楽器や機材を車から下ろしているところに遭遇!

到着した際には野外ステージではロックバンドの演奏が行われていましたが、その音楽をBGMにみんなそれぞれにビールやワインを飲みながら、思い思いに梅雨の合間の午後のひと時を満喫しているよう。
私も「Double Famous」のステージが始まる頃には、おいしいサングリアのおかげで再びいい気分に。

e0090591_2121225.jpg辺りもほんのり暗くなり、いい感じに夜の戸張が下りてきた頃にメンバーが登場。
落ち着いた感じの曲を数曲、そんな軽いウォームアップの後は一気にたたみかける様にダンスモードの曲調に転調!
ダブフェイを知らなかったかも知れないフランス人たちも、こんな音楽を聴いちゃ踊らずにはいられない!っていう感じで楽しんでいたのが印象的でした。
さすがエスペラント楽団!「Double Famous」の音楽に国境なし。
そういえば始まって早々からステージのまん前でフランス人の子ども達4~5人ががんがんに踊ってたのですが、あんまりにもノリノリ(←死語)だったので、演奏が終わった後で話し掛けられたフランス人たちから「あの子たちはサクラだったのか?」というようなことも聞かれたらしい(笑)。
(このことについては「Double Famous」の坂口さんのブログもご覧下さい)
それにしても手作り感たっぷりのイベントで、ほのぼのした雰囲気に妙に居心地の良さを感じてしまいました。
友達も楽しんでくれたみたいで良かった!
ダブフェイの他にDONAVONBLACK BOTTOMも出るし、やっぱり今年のFUJIROCK、行きたいかも。。。

フライングで夏のお楽しみを存分に味わった一日。ごちそうさまでした。

P.S.坂口さんのブログに書かれている「fete de la musique」の説明、最高におもろいです。
[PR]
by chappyhappy86 | 2006-06-25 22:57 | music

ROUTES - Monday Michiru Live -

e0090591_15494052.jpg今日は舞浜のClub Ikspiariで行われたmonday michiruさんのliveに行ってきました。
実は何年もの間ずーーーっと彼女のliveに行きたいと思っていたものの、現在NY在住の彼女が日本で公演を行うのは年に一度程度。
そんなこともあって、ある時は気がつくと公演が終わってしまっていたり、またある時は都合がつかず行けなかったりということが続き、実は今回が初live。

今回のliveはtrumpet・keyboard・drumによる3ピースのシンプルな編成だっただけに、mondayの美しく素晴らしい歌声がよりストレートに感じられました。
曲の多くは2月にリリースされたnew albumの「ROUTES」からのものがメインでしたが、openingは私の大好きな懐かしい曲「play it by ear」(←私の人生のtheme song!)で始まり、「sunshine after the rain」や「yellow bird」、そしてアンコールには「you make me」まで!
彼女は私が憧れ、respectする女性の一人。
(しかも嬉しいことに、なんと彼女の誕生日は私と一緒の日。なんたる偶然!)
生きていくことへのpassion、この世に存在するすべてのものへのaffection、彼女が生み出す音楽はどれもlifeを彩る素敵な言葉に満ち溢れています。
ストレートで凛とした、そして優しく温かく心に響く歌詞と歌声は、きっと彼女の人柄そのものなんだと思う。
すごくhappyな時、悩んだり落ち込んだりした時、人生の岐路に立った時、人生のあらゆるシチュエーションにおいて、色褪せることなく永遠に聴き続けられていくような時流に影響されない音楽。

ここ最近心のもやもやが晴れず、ダウンしていた私ですが、「sunshine after the rain」の”it's hard to believe it was dark now that we bask in the sun and the light”というフレーズを聴いて、「きっとこれも一時的なもの。私が今通らなければならない道なんだよなぁ。」とふっと思いました。

ありがとう、monday!
そして、色々な悩みを持っているみんな、頑張りましょう!!

・monday michiru official website http://www.mondaymichiru.com/


P.S.  終演後に買ったCDにサインをしていただいた上、写真まで撮っていただきました!
    一生の宝物!!ちなみに私のお隣は旦那様のAlex Sipiagin氏。
    彼も有名なtrumpeter。もちろん今回のステージでも演奏されていましたよ。
    私生活・仕事ともに良きパートナー同士だなんてほんとに羨ましいです。
    そしてお子さんのNikitaちゃんもとっても可愛かったよー。

e0090591_1603924.jpge0090591_1605120.jpg
[PR]
by chappyhappy86 | 2006-03-01 23:57 | music
e0090591_22321994.jpgなんだか2月後半は気分的にストレスを感じることが多くて、今日はとうとうその波が自分の中でmaxとなり、就業時には精神的にも肉体的にもぐったり。。。
今日が金曜でほんとに良かったー。
少し気分を落ち着かせようと、とりあえずまずは帰りにお茶をして、relaxするためのBGMでもgetしようと突如思い立った訳です。

e0090591_2232595.jpgレコード屋に入った私の目にまず飛び込んできたのが、左のJack Johnsonの「Sing-A-Longs and Lullabies for the film Curious George」!
これは今年の夏に公開される「おさるのジョージ(Curious George)」のサウンドトラックで、彼が全面的にプロデュースを担当したものなんだとか。
ジャケットもめちゃめちゃキュートでしょー。
しかも映画でも、主人公ジョージの声を彼Jack Johnson自身が担当するらしいのです。


サーファーでもある彼の音楽はゆるゆる感たっぷりで、アコースティックサウンドがメインのやわらかく温かみのあるpeaceful music。
俄然今回のこのalbumも期待度大な感じ。
週末にゆっくり聴いてゆるゆる感に浸って癒されようっと。

!attention!
このサントラの中の"Upside Down"のフルストリーミングのミュージックビデオが下記のオフィシャルサイトから観れます!CGアニメとのコラボ作品でとってもcuteですよ。
興味のある方は、"FILMS" をクリックして、それから"BONUS VIDEO"へどうぞ。

e0090591_22333699.jpg
←ついでに彼の「on and on」も買っちゃいました!

・Jack Johnson official website http://www.jackjohnsonmusic.com/

・Universal Music - Jack Johnson
http://www.universal-music.co.jp/u-pop/artist/jack_johnson/index.html
[PR]
by chappyhappy86 | 2006-02-24 23:25 | music

Do you know what SKA is !?

e0090591_21175931.jpg世界一かっこよくて最高のmusicianであり、performerであると私が敬愛してやまないtokyo ska paradise orchestraのliveに行ってきました!

今回のliveは夏に発売を予定しているアルバムからに加え、古いアルバムからの選曲もあって久々に新旧盛りだくさんのラインアップ。
昨年デビュー15周年を迎え、念願だったヨーロッパデビューも果たした彼ら。
メンバーの平均年齢は40歳になるというのに、そのexcitingなライブパフォーマンスの素晴らしさは今も健在です。

ちなみに、夏のアルバムリリースを前に現在歌ものシングルを3作続けてリリース予定なのですが、先日2/14リリースの新曲「サファイアの星」は、、、なんと、featuring CHARA!
初女性ボーカリストの歌ものということで、いままでの曲とはまた一味違った感じなのですが、Charaのcuteでfunkyな歌声がこの曲の詞の世界にばっちりハマってます。
今日のライブでもアンコールのゲストとして来たのですが、たった一曲歌っただけで周りは完全にCharaワールド。

私たち日本のファンにはちょっと寂しいですが、今年のスカパラの活躍の舞台もworldwideなものになりそうな予感。
いつも挑戦しつづけている彼らの姿勢には、ほんとrespectです。

・tokyo ska paradise orchestra  http://www.tokyoska.net/index.html
[PR]
by chappyhappy86 | 2006-02-20 23:43 | music
e0090591_3294099.jpg今日も行って来ました、横浜赤レンガ倉庫まで。

もちろん今回の目的もMotion blue YOKOHAMAで行われたSFKUaNK!!の「SFKUaNK!! ~1st Album ‘SFKUaNK!!' Release Party~」。
しかも今回は第二ステージの公演が既にsoldoutだったため、6時半始まりの第一ステージを予約したので、それに間に合わせるべく会社を5時過ぎに出て必然的に馬車道駅からMotion blue YOKOHAMAまで猛ダッシュする羽目に。

そんなこんなで希望の席はもちろんget出来ず、ステージ向かって右側のドラマーの脇となってしまったのですが、ここが意外となかなか面白かった!
ステージをちょうど後側から観るようなかたちになるので、セットリストやスコアが丸見え。
関心したのはスコアの中身を見た時で、一曲一曲がすごーく長いのにスコアはどの曲もA4用紙1枚も満たないくらいなのです。
free sessionにおける即興がjazzの醍醐味といわれる所以を納得した瞬間でした。

今日もファーストアルバムからおなじみの「SFKUaNK!!」、「Misirlou」、「D.R.F」などをプレイ。やっぱり音がめちゃめちゃかっこいい!そして今日もメンバー、跳んでました!そのあげあげモードに大盛り上がり。

そして帰り道でも「Misirlou」と「D.R.F」が頭の中でずーっと回っていたので、いい感じでライブの余韻を残しつつ帰途につけました。

関係ないけど「Misirlou」(頭の中で)歌っていたら、久々に「PULP FICTION」観たくなってきた。。。

余談ですが、下記のオフィシャルサイトで彼らのデビューアルバムの視聴が出来るようです。
気になる方は要checkですよ!

「SFKUaNK!!」 Official Website : http://sfkuank.com/
[PR]
by chappyhappy86 | 2006-01-05 23:56 | music
e0090591_1734690.jpg今日は会社帰りに横浜赤レンガ倉庫にあるMotion Blue YOKOHAMAにて行われたSFKUaNK!!のLIVEを楽しむべく、仕事帰りに横浜まで行ってまいりました。
「SFKUaNK!!」とは塩田哲嗣さんとスカパラのNARGOが中心となって結成されたユニットで、一つのジャンルにとらわれずJAZZ、Ska、Hip-Hop、Funk、Punkとあらゆる要素を取り込んだ演奏が彼らの独自のパフォーマンススタイルです。
自らの音楽を「Groove Entertainment」とネーミングし、「ジャンルに捕われず、ひたすら音楽性とエンターテインメント性を追求し続ける究極のグルーヴ・マシーン“SFKUaNK!!”」と表現していることからもそのバラエティに富んだhappyでgroovyな音楽性が想像できるかと思います。

毎回のステージはめちゃめちゃCOOLでおしゃれなのですが、落ち着いて音楽を楽しむというよりはどちらかというと自分も参加してしまう?ような感じです。
今日もメンバーのみなさんのあげあげパフォーマンスに飲まれ、お客さんのほとんどが最後はスタンディングで一緒に盛り上がってました(笑)。

そして来たる12/14にはとうとうCDデビュー!!
ということで来年1/5にはまた「SFKUaNK!! 〜1st Album ‘SFKUaNK!!’ Release Party〜」がここMotion Blue YOKOHAMAで行われるらしい。
新年早々、またSFKUaNK!!のステージが観れるなんて最高!
私的にはまたBLACK BOTTOM BRASS BANDとのセッションが観たいなー。
あれはほんと最高に楽しかったのでまたGuestで来てもらえないかしら。。。

余談ですが、ここMotion Blue YOKOHAMAはBluenoteと同系列なので、お酒やご飯もとてもおいしい!
横浜でお買い物帰りにたまには音楽と食事でも。っていう贅沢な楽しみかたも出来る場所ですよ。

「SFKUaNK!!」 Official Website : http://sfkuank.com/
[PR]
by chappyhappy86 | 2005-11-25 23:55 | music