先日カルガリーより帰国しました!日々の出来事・体験したことや思い出を写真とともに綴ります。


by chappyhappy86
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2006年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

Manifesto of Lululemon

lululemonのmanifesto、シンプルで分かりやすくて共感が持てるところがすごく好き。
しかも単なる企業のPR的な内容に終始してないところにも好感が抱ける。

実は昨日、勉強への逃避行為からネットサーフィンしてる時に、lululemonのjapaneseバージョンのサイトを発見し、そこにこのお気に入りのmanifestoの日本語訳が掲載されているのを発見。
yogaに興味がある人もない人も読むととても参考になるし、面白いと思います。

ちなみに私が一番好きなのは、最後の「DO IT NOW! DO IT NOW!」です。
やりたいことや興味を持ったことはとりあえずチャレンジで。
時間は待っててくれないし、どんどん過ぎていくからね(笑)。


**********************************************************************************************************************


*Drink FRESH water and as much water as you can.
Water flushes unwanted toxins and keeps your brain sharp.

(水を飲もう。水は不必要な毒素を体から流し出して、脳をシャープに保ちます。)

*Observe a plant before and after watering and relate the benefits to your body and brain.

(あなたの体は植物と同じで、水を必要としています。水やり前と後の植物を観察してみよう。)

*Coke, Pepsi and all other pops will be known as the cigarettes of the future.
Colas are NOT a substitute for water.
Colas are just another cheap drug made to look great by advertising.

(この先、CokeやPepsi等の炭酸飲料はたばこのように考えられるでしょう。コーラは水の代用品ではありません。宣伝によって良いイメージに見えているだけのチープなドラッグです。)

*Be yoga. Breathing has you live in the moment and stretching releases toxins from your muscles.

(呼吸して今を生きよう。ストレッチして体の中の毒を出そう。)

*Do yoga so you can remain active in physical sports as you age.

(ヨガをしよう。いくつになっても若々しくいられるように。)

*Wear sunscreen.

(日焼け止めを塗ろう。)

*Listen, listen, listen, and then ask strategic questions.

(まずは相手の話をlisten, listen, listen それからよく考えて質問しよう。)

*SWEAT once a day to regenerate your skin.

(1日1回汗をかこう。あなたの肌は生き返ります。)

*Compliments from the heart elevates other’s spirit and will often result in an encouraging word for
someone else ... a domino effect.

(心から相手を思いやることはドミノのようにまた別の誰かにその思いやりが伝わるでしょう。)

*Your outlook on life is a direct reflection of how much you like yourself.

(どのような人生観を持っているかは、どのくらい自分を好きかということと関係しています。)

*Life is full of setbacks.
Success is determined by how you handle setbacks.

(人生は挫折に満ちています。成功はいかに挫折をコントロールするかにかかっています。)

*Write down your short and long term GOALS four times a year. 2personal, 2 business and one health goal.
A university found only 3percent of the students had written goals.
20years later, the same 3percent were wealthier than the other 97% combined.

(1年に4回、短期間と長期間におけるゴールを書き出しましょう。パーソナルなことについて2つ、ビジネスで2つ、そして1つの健康のゴールです。エール大学の研究によると、ゴールを書き出した生徒はたったの3%でした。20年後、その3%の財産の合計は、他の97%の合計を上回っていました。)

*You ALWAYS have choice and the conscious brain can only hold one thought at a time.
Choose a positive thought.

(いつもたくさんのチョイスがあるけれど、脳は一度に1つのことしか考えられません。ポジティブな考えを選ぼう。)

*Visualize your eventual demise.
It has an amazing effect on how you live for the moment.

(起こりうる死を心に描きましょう。それは、あなたがこの瞬間を生きているということにすばらしい影響を与えます。)

*Communication is COMPLICATED.
Each person is raised in a different family with a different definition of each word.

(コミュニケーションは複雑なものです。人々は別々の言葉を持った別々の家庭で育つのですから。)

*Love.

*Jealousy works the opposite way you want it to.

(嫉妬はあなたが望む事と反対のことを引き起こすでしょう。)

*Nature wants us to be mediocre because we have a greater chance to survive and reproduce.
Mediocre is as close to the bottom as it is to the top.

(自然は私達に普通でいてほしいのです。そうすれば生命をより存続させることができるから。多すぎでもなく、少なすぎでもない、あまることもなく、足りないこともない、not too much、 not too little、それが普通です。)

*Be creative.

(クリエイティブになろう。)

*Do one thing a day that scares you.

(一日に一つ、自分が怖くてできなかったことをしよう。)

*Take various vitamins.
You never know what small mineral can eliminate the bottleneck to everlasting health.

(たくさんの種類のビタミンをとろう。どれが健康でいるための助けになるかがわからないから。)

*Dance, sing, floss and travel.

*Do not use cleaning chemicals on your kitchen counters.
Try vinegar and lemon.
Someone will inevitably make a sandwich on your counter.

(キッチンカウンターには科学洗剤を使わずにお酢とレモンを試してみて。もしかしたら誰かがカウンターでサンドウィッチを作るかもしれないでしょ。)

*Rules of Marriage: respect the other person, compromise, be open to communicate, and build a
common set of life values.
If you don’t do this, you are in a lot of trouble.

(結婚の法則:相手を尊敬し、歩み寄り、コミュニケーションをとるために心を開き、人生の大切なものを築き上げよう。そうしなければ、あなた達に多くのトラブルが起こるでしょう。)

*Just like you did not know what an orgasm was before you had one, nature does not let you know
how great children are until you have them. 
Children are the orgasm of life.

(オルガズムを知る前はそれが何なのかを知らなかったように、子供がいかに素晴らしいものなのかは、子供ができるまでわからないものです。子供は人生の喜びです。)

*Friends are more important than money.
Don’t trust that an old age pension will be sufficient.

(友達はお金より大切なものです。老後は年金だけで十分だなんて信じないで。)

*Live near the ocean and inhale the pure salt air that flows over the water.
Vancouver will do nicely.
Stress is related to 99% of all illnesses.

(海の近くに住み、海からの新鮮な風を吸いましょう。バンクーバーなんて良いのでは。ストレスはすべての病気に99%関係しています。)

*One hour of aerobic exercise will release endorphins to regenerate cells and offset stress.

(1時間の有酸素運動はエンドルフィンを放出します。それによって細胞が再生されストレス解消になります。)

*A daily hit of athletic induced endorphins will give you the power to make better decisions and help
you be at peace with yourself.

(エンドルフィンを促す日常的な運動をすることで、判断力が付き自分自身が平和でいられるようになります。)

*Wake up and realize you are surrounded by amazing friends.

(目を覚まして。あなたの周りにはたくさんの素晴らしい友達がいるでしょ。)

*lululemon athletica was formed to provide people with components to live a longer, healthier and more fun life.
If we can produce products to keep people active and stress free, we believe the world will be a
better place.

(lululemon athleticaは人々がより長く健康的に楽しく生きてもらえるように作られました。私たちがみなさんをアクティブでストレスフリーにできる商品を作れば、世界はもっと平和になると信じています。)

*Do it now. The world is changing AT SUCH A RAPID rate that waiting to implement changes will leave you two steps behind.
DO IT NOW, DO IT NOW!

(Do it now. 世界はものすごい速さで変化しているので、今すぐあなたも始めないと・・・DO IT NOW! DO IT NOW!)
[PR]
by chappyhappy86 | 2006-03-26 23:17 | excercise
久々に「占い」に行ってきました、なんとなく勢いで(笑)。

全般運とお願いしたところ、内容はほぼ仕事と恋愛に終始してたんだけど、なんかあんまりいいことを言われなかったような。
というかいいことも言われたのかもしれないけど、どちらかと言うと悪いことの印象のほうが強烈に残っているからそう思うのかもしれない。

言われたこと全部を鵜呑みにして受け止めてしまうことで、自分の行動範囲が狭まったり、考え方が狭量になるのはもったいないし、いかがなものかと思う。
それに影響されて勇み足を踏んで、目の前にあるせっかくのチャンスを逃してしまうことにもなり兼ねないし。
あくまで占いは「参考意見」とか「アドバイス」っていうスタンスを保ちたいというのが本音だけど、信じる信じないは別として、聞いてしまった以上はやっぱり頭の片隅に永遠に残ってしまう訳でそれがまた微妙なところ。。。

そういえば占い師さん曰く、今後の結婚相手候補としてベストなのが「バッチを持った職業の人」とのこと。
単純な私は「バッチ=国会議員」と勘違いし、「それって議員さんのことですか?」と聞き返したら、おいおいとばかりに「それ以外にもいるでしょ?弁護士とか会計士とか。」という回答が返ってきた。
議員よりは選択肢の幅が広がったけど、一体いつどのようなシチュエーションでこのような方たちにお会いできるのでしょうかね。
[PR]
by chappyhappy86 | 2006-03-24 23:53 | daily life

hatha yoga trial

今日はLAVAでの特別レッスンに参加しました。

いつもの汗だくhotyogaではなく、今日のレッスンはhathayogaがベースとなったもの。
いわゆるノーマルyogaです。
今日のインストラクターはIva Dritna-Hallさんというカナダ人のインストラクターだったため、今回はレッスン中のトークもほとんど英語。
後でプロフィールを見てみたら、montrealのMcgil Universityで生理学を勉強した経験もあるらしい。
とってもチャーミングな方でしたが、プロフィール読みMcgilの文字を見て、さらになんだか親近感が沸いてしまった。
レッスンはめちゃめちゃ辛かったけど、英語で「focus on your third eye」とか「feel the energy inside your body」とか言われると、「yogaやってます!!」ってモード全開になって、初めてだったにも関わらず楽しい雰囲気の中、なんとか最後までモチベーションを保ってレッスンが受けれました。

今日は仕事でめちゃめちゃストレスを感じた一日だったから、「悪いものよ飛んでいけー!」とばかりに繰り返した複式呼吸と、20回近くリピートした太陽礼拝のポーズのおかげで、体も心もすっきりと一日の終わりを迎えることが出来、気分爽快。
予想どおり筋肉痛がやってきたけど、今回のは珍しく背中がメイン。
続けることで普段使わない背中とかの筋肉が強化されて、骨格とか全体的な体のバランスも良くなりそうな予感がする。
骨盤を意識するポーズも多かったから、普段の不摂生のおかげで早急なる骨盤レスキューが必要な私のメサィアとなるかも。

そういえば表参道にあるYOGAJAYAで「花見・スペシャルウィーク」と題して4/3~16まで、初回ペアで来店した場合は2人で1人分の料金でレッスンが受けれるらしい。
どなたか興味がある方、一緒に行きませんー?
[PR]
by chappyhappy86 | 2006-03-23 23:39 | excercise

Spring has come !!

とうとう今日、平年より7日早く東京でもソメイヨシノが開花したとのこと!
日増しに温かくなったりっていう天候の変化もしかりだけど、やっぱり本格的な春の訪れを感じるのは私的には桜の開花なのです。

以前に英会話で「桜ってまず何をイメージする?」って話になったことがあって、もちろんそれはまずお花見で「cherry blossom is an excuse of drinking!(お花見なんてお酒を飲むための口実!)」って言ったら笑われたこともありましたが、もう一つ重要なのはやっぱり「新しいスタート」だな。
新生活のスタートだったり、新しく何かを始めることだったり、色々。

そんなこんなで、毎年この時期になると何か新しいことを始めたいなーって思うのですが、今年もちょっと検討中。
あと問題は時間とお金と、、、なによりも大事なのはモチベーション!!

っていいながら、今週末テストがあるのに早速全然勉強出来てない私。。。
[PR]
by chappyhappy86 | 2006-03-21 23:58 | daily life

厄払、行ってきました。

e0090591_23434075.jpgなんだかここ最近、ツキというものに見放されたような気が。
そんな私は、今年「前厄」。
「これってやっぱり厄払にいったほうがいいのかなー。」なんて考えながら過ぎた数ヶ月。

そんな訳で今日はとうとう厄払に行って参りました。
行き先は「西新井大師」です。渋い??
電車で行くと遠い気がしてならなかったけど、よくよく調べてみると実は池袋から都営バス一本で行け、意外に便利な場所であることが判明。
久々に「ぶらり路線バスの旅」を体験してみました。

「西新井大師」、思ってたよりこじんまりしたところだったなぁ。

お護摩の申込をしようと値段を見てみると、「3千円・5千円・1万円」の3種類があり、3千円と5千円で迷ったものの、とりあえず前厄なので3千円にしてみました。
(お札の大きさ以外に、この値段の違いがどう影響するか後ほど判明!)

太鼓の音とともにお坊さんが6名ほど入場し、お護摩の火が焚かれ延々とお経が唱えられること20分ほど。
以前に行った友達にはこのお経が「だーいじ、だいじ。」って聞こえたとのことだったけど、私にはさっぱりでした。。。

そういえば友達曰く、「厄払って一人で行っても結局周りの家族に払われた厄が飛び火しちゃうらしいから、家族全員で行かないと意味がないって聞いた。」とのことだったけど、それって厄年と関係なくても厄払行かなくちゃ行けないってことよねー。
人生のうち、何度となく厄払ってしなくちゃいけないものなんでしょうか。

お札をもらって参道を歩いていると、門前らしく「だるま屋」や「手焼せんべい屋」が。
手焼せんべい、「2枚で110円」とかで安くて、しかも美味しそうだった。
e0090591_23443648.jpge0090591_2344482.jpg

e0090591_2346961.jpgその後は夜に英会話へ。
今日はアメリカ人の先生だったのですが、テーマは「9/11以降のアメリカ社会」みたいな内容。
最近、アメリカ人の先生になるとほとんどこういう感じのテーマか、イスラム系のテーマになるので、不謹慎ではありますがこういった方向の話には正直ちょっぴりお腹いっぱいになりつつある。。。

← 今日いただいたお札。そして携帯にはお正月に下鴨神社で購入した「干支守り」と以前にいただいた邪気を払うといわれているバリのガムランボールが。
これだけ防備しておけば、厄年も怖くないかも!?
[PR]
by chappyhappy86 | 2006-03-20 22:58 | daily life
e0090591_23463523.jpg「海に面している場所に人々が集まる。
情報が集まり、交通の拠点となり多種多様な文化が生まれ、さまざまな商業が発展していく。
街の成り立ちである。
東京もニューヨークもロンドンもそのような過程を経てより大きな都市となっていった。
私たちは自然を切り崩して文明を手に入れてきた。
繁栄と自然は共存しないのが通例だが、自然と共存して反映している都市がある。
それがバンクーバーなのだ。
郊外に深い森を抱き、氷河の山を仰ぎ見るフィヨルドの地形は悠久の自然がすぐ近くで広がっている。
自然と文明が調和して発展している数少ない都市の一つである。」

先日発売された「coyote」は”バンクーバーからはじめる -自然と共存して繁栄をとげた街 バンクーバーの魅力を探す-”という特集内容。
実は最初の文章はこの「coyote」の冒頭に記載されていたもの。
この文章がバンクーバーの魅力を的確に言い表したものであるように思え、私の心に深く刻まれたものである。

e0090591_23475192.jpg私とカナダの出会いはバンクーバーから。

初めての見知らぬ土地に行く不安と言葉の問題。
成田を飛び立ち、約8.5時間に及ぶ点と点を結ぶ空の旅が目的地に近づくと、機体は急に高度を下げ着陸態勢に入った。
自分のこの足で新しい異国の地へと踏み出す瞬間があと数分後に迫っている。
そう考えただけで不安、期待、あらゆる気持ちが急激に心の中で錯綜し始める。
そんな気分を紛らわすべく、いつものように不意に小さな窓に顔を近づけてみると今まで気がつかなかったが、眼下にはいつの間にか深い緑に覆われたたくさんの島々がはるか地平線の彼方まで広がっていた。
深いネイビーブルーの海の水面は飛行機の風圧で小波立ち、それが太陽の光を受けて優しくきらきらと光り輝いている。
自然が作り出したあるがままの風景と、偶然が組み合わさって出来た初めて見る光景に思わず目を奪われると同時に、不安な気持ちが吹き消され今回の選択に間違いはなかったと確信した瞬間だった。
これからの素晴らしい日々を予感させるには十分過ぎるほどのgreeting。
その後、短いながらも非常に充実した日々を私が過ごしたことは言うまでもない。

e0090591_23482191.jpgはっきりいってバンクーバーにはいわゆるtouristic placeのようなものは皆無。
こういったことにpriorityをおく人にはある意味「期待はずれ」で「退屈」に感じる場所かも知れない。
しかしすぐ傍には、アザラシやラッコが浮かび沖合いにはオルカが回遊するアーキペラーゴと言われる美しい海があり、一方でそれを取り囲むように一年中氷河を抱いた山々がすぐ目の前に広がっている。

そしてそこには自然と共存しながら、自身の確立したライフスタイルを思い思いに楽しんで暮らしている人々がいる。
今回の「coyote」でもそのような人のstoryが掲載されている。

まずはアウトドア・ギアのメーカー「アークテリクス」のCEO、Tylor Jordan。
クライミングが趣味の彼はウィークディはダウンタウンのアパートで暮らし、週末はダウンタウンから車で40分ほどのクライマーの町、スコアミッシュにある家族の住む自宅に戻るという生活をしているらしい。
ちなみにスコアミッシュはヨセミテと並ぶロッククライミングの聖地。

そして「フェザークラフト社」のDoug Simpson。
「フェザークラフト社」はカナダを代表するカヤックメーカーで、Dougは創業者にして社長でもある。(そして彼は実際そのライフスタイルにおいてバンクーバーではかなり有名な人物。)
素晴らしいのが彼の通勤スタイル!
キツラノにある自宅から毎朝カヤックを海岸まで引いていき、そこから1時間ほどカヤックをパドルしてグランビルアイランドにある職場まで通勤しているほどのカヤックフリーク。
朝食もその通勤海上でひと休みしながら取ってしまうというから羨ましい限り。。。

Dougがそのライフスタイルに影響を受け、今の事業を起こすきっかけの一つとなったイヌイットや先住民の歴史もカナダの歴史とは切り離せないもの。
中でもバンクーバー近辺に住んでいたハイダやクリンギット等の先住民の文化は、現代でもトーテムポールや彫刻等さまざまなアートとして残されている。
自然を愛し、スピリチュアルな生活を営んできた彼らもまた、昔から自然と共存しながら独自の文化を形成していったのだ。
そんな彼らのアートは自然への愛に溢れていて、なんだかどことなく温かい。

e0090591_2349885.jpgVancouver, which means "free, relax, open and laid back" !

まさにここは「住むように暮らす」、肩の力を抜いてそんな旅が楽しめる場所なんだと思う。
長くstayすればするほど、その本当の心地よさを全身で実感出来るはず。

"How long are you going to stay here in vancouver ? "

"Just only 11days..."

"That's too short ! Stay here at least 1 month or can't get anything about Vancouver !!"

そういえば私が滞在していた際にもこんな感じのやりとりが何度もあったなぁ。

そんな中、今日友達がカナダに向けて旅立った。
他の都市に移るためバンクーバーでの滞在は数週間の一時的なものとのことだけど、私と感覚が似ている彼女もきっとバンクーバーのこんな空気を気に入るはず。

Enjoooooooy !!
[PR]
by chappyhappy86 | 2006-03-17 23:35 | traveling

「bon appetit !!」

e0090591_19495879.jpg今日はとても良いお天気の中、友達とlunchをするために飯田橋まで。

今日のlunchは、東京日仏学院の中にある「ブラスリー・ドゥ・ランスティテュ」が目的。
こちらは東京日仏学院の敷地内にあるフレンチレストランです。
こちらは日仏学院に足を運ぶ度に気になっていたレストランだったので、本日やっと念願が叶いました。

手作り風のかわいい建物の小さな入口を入ると、早速たくさんのfrenchが聞こえてきてなんとなくFranceにいるような気分に。
実際お客さんも(frenchの方かはわかりませんが)外人さんが多く、かなりinternationalな雰囲気。ちなみにウェイターさんもほぼフランス人の方。

席につくと早速メニューが運ばれてきたのですが、第二外国語がフランス語だった私たちは「懐かしいねー。」といいながらかじりつくように見てました(笑)。
ちなみに本日私たちが選んだのは2,100円のコース。
こちらは前菜・メイン・デザートがメニューの中のいくつかからそれぞれチョイス出来るようになっていて、さらにパンと食後にはコーヒーか紅茶が付きます。
「うーん」と時間をかけて考えた割りには、前菜の「ほうれん草のキッシュ」、デザートの「パイナップルとココナッツのタルト」は全員同じでしたが、メインのチョイスは私が「鳥肉のトマト煮 サフランライス添え」で、友達2人が「真鯛と鱸のポワレ パスタ添え」をオーダーすることに。
お料理は見た目はシンプルでしたが、どれも素材の味が活かされていてとってもおいしかった。

e0090591_19501784.jpge0090591_19503142.jpg

食事中は学生時代の懐かしい思い出の数々や今となってはかなり笑える話などをしながら、久々に笑いまくりました。
また友達の一人は現在妊娠10ヶ月!
その彼女が、さあ、食べようという時に、自分のお腹をみて「また動いた。」と一言。
ご飯を食べようとするとお腹の赤ちゃんがちゃんとそれを察して動くんだって。不思議だよねー。

お料理がサーブされる時には、毎回ウェイターさんが「bon appetit !(たんと召し上がれ!)」といいながら目の前においてくれるのですが、まさにこの言葉どおり、弾むような楽しい会話とともに、お料理は元より、結構量があった付け合せのパンも完食!

本日をもってこちらも私のfavorite restaurantの仲間入り。
たまに演奏会やミニライブ等のイベントもあるようなので、今度はこちらのスケジュールもチェックしてまたdinnerにでも伺いたいと思います。

あー、満足、満足。

e0090591_19504685.jpg
  <おまけ>

← 友達のAustraliaみやげ。

  右はwatermelon tea。
  スイカのフレーバーティーです。

  そして、左のゴム状のピザの形をしたもの     は、、、なんと「ピザグミ」!

[PR]
by chappyhappy86 | 2006-03-11 23:30 | dining out
今日は親友たちと3人で以前このBLOGにも書いた「天香回味」の赤坂店に行ってきました。
たくさんの薬膳が入ったこちらのおいしいお鍋を食べることで、体のデトックス効果とともに、最近の心のもやもやも晴れてくれるといいんだけど。。。

食材がお鍋に投入され、しばし待つこと数分。
段々お酒も入って話がexciteしてくると、私だけじゃなくてそれぞれにみんな色々あるようで。。。
これからのことで3人3様に悩みや先行の不安があって、でもお互いそれぞれの状況にはかなり共感&納得出来るようなことだったり。
お鍋の辛さもあって汗だくになりながら、本音トーク炸裂。

とりあえず、今日私の中で出た一時的な結論は、「厄払いに行くこと(←今年前厄です、ちなみに。)」。
ここ最近のツキのなさは結構ここに元凶がある気がしないでもないんだよね。

おいしい食事を楽しんだ後、友達と別れてから、「今日はありがとねー。」とメールしたところ、ひとりの友達からの返事に「色々あるからこそ美味しい食事と友達が必要だ!」っていう一言が。
「まさにその通り!!」と思いながら、今日も再び改めて友達のありがたさを実感しました。

また何十種類も入った薬膳の数々のおかげで、調子の悪かった胃腸もすっきり。

気の置けない仲間とのこういう時間ほど、楽しくてリラックス出来る癒しの時間。
たまにはこうして毒抜いておかないと。
いつもほんとありがとうね!
[PR]
by chappyhappy86 | 2006-03-04 23:53 | dining out

ROUTES - Monday Michiru Live -

e0090591_15494052.jpg今日は舞浜のClub Ikspiariで行われたmonday michiruさんのliveに行ってきました。
実は何年もの間ずーーーっと彼女のliveに行きたいと思っていたものの、現在NY在住の彼女が日本で公演を行うのは年に一度程度。
そんなこともあって、ある時は気がつくと公演が終わってしまっていたり、またある時は都合がつかず行けなかったりということが続き、実は今回が初live。

今回のliveはtrumpet・keyboard・drumによる3ピースのシンプルな編成だっただけに、mondayの美しく素晴らしい歌声がよりストレートに感じられました。
曲の多くは2月にリリースされたnew albumの「ROUTES」からのものがメインでしたが、openingは私の大好きな懐かしい曲「play it by ear」(←私の人生のtheme song!)で始まり、「sunshine after the rain」や「yellow bird」、そしてアンコールには「you make me」まで!
彼女は私が憧れ、respectする女性の一人。
(しかも嬉しいことに、なんと彼女の誕生日は私と一緒の日。なんたる偶然!)
生きていくことへのpassion、この世に存在するすべてのものへのaffection、彼女が生み出す音楽はどれもlifeを彩る素敵な言葉に満ち溢れています。
ストレートで凛とした、そして優しく温かく心に響く歌詞と歌声は、きっと彼女の人柄そのものなんだと思う。
すごくhappyな時、悩んだり落ち込んだりした時、人生の岐路に立った時、人生のあらゆるシチュエーションにおいて、色褪せることなく永遠に聴き続けられていくような時流に影響されない音楽。

ここ最近心のもやもやが晴れず、ダウンしていた私ですが、「sunshine after the rain」の”it's hard to believe it was dark now that we bask in the sun and the light”というフレーズを聴いて、「きっとこれも一時的なもの。私が今通らなければならない道なんだよなぁ。」とふっと思いました。

ありがとう、monday!
そして、色々な悩みを持っているみんな、頑張りましょう!!

・monday michiru official website http://www.mondaymichiru.com/


P.S.  終演後に買ったCDにサインをしていただいた上、写真まで撮っていただきました!
    一生の宝物!!ちなみに私のお隣は旦那様のAlex Sipiagin氏。
    彼も有名なtrumpeter。もちろん今回のステージでも演奏されていましたよ。
    私生活・仕事ともに良きパートナー同士だなんてほんとに羨ましいです。
    そしてお子さんのNikitaちゃんもとっても可愛かったよー。

e0090591_1603924.jpge0090591_1605120.jpg
[PR]
by chappyhappy86 | 2006-03-01 23:57 | music