先日カルガリーより帰国しました!日々の出来事・体験したことや思い出を写真とともに綴ります。


by chappyhappy86
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2007年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

e0090591_2141920.jpg今日、私の一番のお友達がCalgaryを旅立ちました。

香港から来た彼女とはUofCで全科目同じクラス、しかもお互い話してみると偶然にも年齢が一緒だということも判明。

背負ってきたバックグランドが似ていたこともあって意気投合し、必然と行動を共にすることが多くなっていたけど、毎回つたない私の英語にも熱心に耳を傾けてくれて、まるで自分のことのように喜んでくれたり、心配してくれたり、時には適切なアドバイスをくれたり、知り合いの全くいないこの地においては日々私の心の支えとなってくれていた子でした。

昨日、Grade statementを一緒に取りに行った際にThank you cardを用意してくれていたんだけど、それには'God bless you with the same peace, hope and love that you bring to the lives of others.'というメッセージが。
渡す時に「今までありがとう!このメッセージ見てすぐに、これはあなたのパーソナリティそのものだって思ったんだよ。」って言ってくれて。。。

駅でお別れした時も今までの3ヶ月の思い出を思い出しながら、明日には彼女がCalgaryからいなくなってしまうという事実に涙しそうになっている私をみて、「東京にも遊びに行くから!これが最後じゃなくてまた会えるんだからそんなに悲しまないでー。'Good-bye.' じゃなくて'see you again.' ね!」と言ってくれました。

そういえば、ある日彼女と一緒にJapanese restaurantに食事に行った時に「ここがCalgaryであることが信じられない。。。すごく不思議な感覚で、なんか普通に東京で友達とご飯食べているみたいな気分。」と伝えると、「それも近い将来に現実になるかもね。」との返答が。

今度は東京、もしくは香港で一緒においしいものでも食べながら話せる日が来ることを願って!

Thank you so much every your kindness and good luck on your future!!
[PR]
by chappyhappy86 | 2007-04-26 03:11 | daily life

Graduation!

e0090591_1583354.jpgとうとう先週でもってUniversity of CalgaryのESLコースが終了してしまいました!

毎日assignmentやhomework、はたまたプレゼンの準備などに追われ、最初は四苦八苦の日々ではあったものの終わってみると3ヶ月はあっという間。
数年社会人を経験し再びキャンパスに戻った私にとっては、勉強すること、というよりは他言語習得の面白さを再確認出来た非常に有益で充実した日々でした。

なかでもWritingはほぼゼロからのスタートであったため、最初に授業内でテーマを与えられて「15分以内で自分の意見をまとめて仕上げるように。」と言われた時は、「うーん。。。」という感じで考えをまとめることに大半の時間を費やしてしまっていたものの、いくつかこなしていくうちに慣れとともにコツを掴むことが出来たため英語で文章を仕上げるということに対しての先入観的な嫌悪感は払拭された気がする。

またSpeakingのクラス内ではpronunciationのlessonもあって、特に私は「R」の発音に苦戦。
先生に「私たちは”R”を発音する時に舌をroll upするって習ったんだけど。。。」と伝えると、「Forget it! We never do that.」と言われ今までの常識を覆された記憶も。

Grammarの授業では毎回混乱していた時制、なかでも現在完了・過去完了について先生がかなりわかりやすく説明してくれたので、テストではなんと満点を取ることが出来てびっくり。

もちろんclassmateたちとの出会いも忘れられない思い出。
英語という自分のmother tongue以外の言語を通じてコミュニケーションしていくことって結構エネルギーがいることだと思うのだけど、お互いに助け合って分かり合おうという姿勢が感じられることが多かったので、想像以上にフラストレーションを感じることは少なかった気がする。

一気にたくさんの出会いが訪れて、一気にたくさんの人との別れがやってきて、しかももう全員が一同に会せる可能性がはっきりいって「ゼロ」だと考えると非常に悲しい。
この3ヶ月間で彼らを通じて英語以外のもっと重要で本質的なこともたくさん学べたなぁと痛感している今日この頃。

みんな本当にありがとう!
そして、、、どうぞこのfriendshipが今後も続きますように!!


* 写真は「Barley Mill」という素敵なレストランでのGraduation lunch partyの時に撮影したもの。
  天気も良くて最高の一日でした!
[PR]
by chappyhappy86 | 2007-04-22 23:54 | Canada Calgary
e0090591_13325249.jpg今度は妹からチワワのムサシの写真が送られてきました。

何でもpeeをしてしまったことに対するお仕置きの図のようです。

もちろん写真を見てすぐに「かわいそう!」と思ったものの、眉毛が下がり気味の何とも言えないむーちょんの顔が面白いのでとりあえずアップ。

ガムテープの輪っかの中に顔を閉じ込められてしまったむーちょんでした。
[PR]
by chappyhappy86 | 2007-04-17 13:37 | dogs

Lake Louiseにて滑り納め。

e0090591_0153466.jpg先週末にLake Louiseに行って参りました。

実は3月末にBanffのすぐそばにあるSunshine Villageにも行ったため、今回がこちらで5回目の雪山体験。
時期も時期なだけにこれが今シーズン最後の雪山体験となるだろうということで、この日はskiをしてみることにしました。
CalgaryからLake Louiseに向かう道中はどんよりとした曇り空。
classmateたちと「これがみんなで行く最後の旅行になるよねぇ。。。」としみじみ話しながら天気の良いことを祈りつつ、Lake Louiseに到着!

着いてみると私たちの心配をよそに現地は最高のお天気!
半袖のTシャツでskiやsnowboardを楽しんでいる人もちらほら。

早速Base areaからゴンドラに15分ほど乗って山頂付近へ。
ゴンドラを降りてそこからLake Louise方面に目をやると、雪を頂いた2,500~3,000m級のCanadian Rockyの雄大な山々が見渡す限り遠くまで広がっています。
この日は天気も最高だったので、眩しいくらい真っ青な空と雪を頂いた山とのコントラストが一層引き立ってまるでこの世のものとは思えないくらいの素晴らしく最高の風景を作り出していました。
写真だとうまくこれが出せないのが残念。。。
ちなみに上の写真がその山頂付近からの景色。
左端に見えるのが、Mt.Victoriaと凍結したLake Louiseです!
またLake Louiseの上方は何千年も昔からの氷河、Victoria Glacier。
こんな雄大な自然を前にして若干私も興奮気味に。
おかげで今回もまたもや筋肉痛の餌食に。。。
e0090591_016370.jpge0090591_0161937.jpg

こちらでもskiやsnowboardに行くのって結構お金がかかる(ギアを持ってない私は毎回レンタルなので1万円ちょっとほど)のですが、こんな景色を拝めるなら辞められないわー。

ちなみに、ここLake Louiseはゴンドラとリフトを乗り継いで山の裏側に行くと、そこはエキスパートしか侵入が許されないBlack Diamond(上級者コース)のみ。
それを通り越してDouble Black Diamond(超上級者コース)なんてのも存在するのですが、私がそこに到達するには遠い道のりだわ。。。

e0090591_0164449.jpg
<おまけ>
BanffからLake Louiseに向かう道中に見えるCastle Mountain。
天に向かってそそり立つ山の猛々しい岩肌がすごく印象的。
ちなみにこの山はロッククライミングのメッカだそうです!
[PR]
by chappyhappy86 | 2007-04-15 23:46 | Canada Calgary

New face

e0090591_148492.jpg
先日我が妹より「新キャラです。」というタイトルのメールが届きました。

「一体何?」ということで内容を読んでみると、なんともう一匹新たな家族が増えたらしい。
どうやらマルチーズの女の子を購入したようです。

すでにヨーキーのサンとチワワのムーちゃんがいるので、これで3匹目。
今は3匹で玄関でお見送りとお迎えをしているのかしら。


e0090591_1482617.jpgこちらは「ケージの中に全員集合」の図。

不在の私の部屋が現在犬小屋と化しているのではないかと一抹の不安はありますが、はやくこの新顔ちゃんと遊びたいなー。

ちなみにまだ名前はないそうです。
[PR]
by chappyhappy86 | 2007-04-11 14:03 | dogs

Potluck party

e0090591_646181.jpg学校が終わりに近づくにつれ、Potluck partyを開催する機会が多くなりました。
この「potluck」という言葉はもともと先住民の文化が由来となっているようですが、みんなそれぞれ自分の国の料理を作ってきてくれて多国籍なPotluck partyの始まり始まり。

朝一番スタートのGrammarのクラスではBreakfast potluckだったため、スナックやケーキがメイン。
e0090591_6471662.jpgLunch前のReading&Writingのクラスでは、お腹がいっぱいになるほど食べてしまったがため、その後は睡魔との闘いに。。。
このクラスではタイ人のclassmateに「私、パッタイ大好きなんだよね。」と以前に話したことがあり、彼女がそれを覚えてくれていたみたいでお手製のパッタイを持ってきてくれました。
うまかった!
それとメキシカンの子作のかなりスパイシーな「サルサ」と「グゥワカモレ」もおいしかったよー。
ちなみに私は「鮭ちらし」を持参。
ここCalgaryは海に近くないため、刺身用の魚が全然手に入らない。。。
ということでこの日のためにわざわざC-trainに1時間近くも乗って、中国系の「T&T」というスーパーまで足を運んでみました。
巻き寿司に比べちらし寿司は認知度が低いため、「これも寿司なの!?」というリアクションが。
e0090591_6474117.jpgそしてSpeaking&Listeningのクラスでもpotluckあり。
日本人のお友達から「巻き寿司(カリフォルニアロールやサラダ巻き)系はすぐになくなる。」と聞いていたので、この時はサラダ巻きを作りました。
classmateの子にまきすとのりをお借りして、いざ準備。
炊いた米がかなりの量だったため、寿司酢を混ぜるのに悪戦苦闘。。。
翌日はpotluckの前にtestがあったのですが、この作業のためそのための勉強はほとんど出来ず。
でもその甲斐あってみんなが残さず食べてくれたので良かった!

もうすぐ国に帰ってしまう子もたくさんいるので、今度は友達を集めて家でもpotluck partyを開きたいな。

[PR]
by chappyhappy86 | 2007-04-09 07:19 | Canada Calgary

Drumheller

e0090591_225189.jpgClassmateのhost fatherのご好意でCalgaryの東にあるDrumhellerに行ってきました。
ここDrumhellerは世界有数の恐竜王国として有名な土地。
というのもこの土地からは過去に数百体の恐竜の骨格標本が発見されたということで、世界中の恐竜ファンにとってはたまらない垂涎の地のようです。

こちらは街中にある観光案内所の脇にあるティラノサウルスの超巨大なオブジェ。
ちなみに、よくありがちですが中は展望台になっているようで、口のところからDrumhellerの荒涼とした大地が遠く広がってるのを見渡せます。

みんなでこのティラノサウルスと同じポージングで写真を撮ってみたけど、オブジェがあまりに巨大過ぎて判別不能。

そしてこちらは「ロイヤル・ティレル古生物博物館」。
数々の恐竜の骨格標本が展示されており、恐竜ファンにとっては見逃せないポイント。
恐竜関係の展示だけでなく、他の生物の化石や太古の昔から現在まで生き延びている生物が見られる水槽などもあり。
また他にも、化石の復元作業を窓越しに見られるコーナーや何千年も前から生き延びたシダ類などを集めた小さな温室もありました。
e0090591_225591.jpge0090591_2261993.jpg
e0090591_2313182.jpgそしてその後はフードゥーを観るべく、赤茶けた砂漠のような大地を延々と車を走らせます。

このフードゥーは長年の川の浸食により出来上がったきのこのような外見の不思議な岩。
ネィティブの伝説では巨人が石化して出来上がったものだと信じられているようで、このフードゥーという名前もそこから来ていると言われています。
そうそう。このフードゥーの脇を登って行くことも出来るんだけど、これがかなり急勾配でしかもまわりは深い崖。
でも頑張って崖を登っていくとそこからはこの地特有の独特の素晴らしい景色を見渡せる絶好のビュースポット。

ちなみに、この太古のロマンあふれるDrumheller近辺はSFもののロケにもよく使われるよう。
恐竜ファンの方は足を運んでみる価値がある数少ない貴重な観光スポットのひとつです!


[PR]
by chappyhappy86 | 2007-04-08 03:16 | Canada Calgary

Griffin Valley Runch

e0090591_112436.jpg先日Calgary近郊にあるGriffin Valley Runchに行ってまいりました。

Calgaryからバスで約1時間ほどの道中は建物などはほとんどなく、広大な牧場の風景が延々と続き牛や馬がのんびりとのどかに草を食んでいる光景が車窓から堪能出来ます。
こんな風景もここCalgaryならでは。

e0090591_1124158.jpgGriffin Valley Runchに到着後、まずはwagon rideを体験。
「King」と「Mighty」といういかにも強そうな名前を持った2頭の馬に先導してもらいながら、広大な敷地めぐりツアーに出発。
ところが、たまにおじさんの掛け声で雪解けで路面がぬかるんだtrailをこの2人が駆け出すと、緊急事態発生。。。
泥がすごい勢いで跳ね上がり、悲鳴をあげた時には時すでに遅し。
というのもこちらのtrailは牛や馬の放牧地にもなっているため、道中には彼らのpooなんかも落ちていたりして、洋服だけでなく、顔や頭まで泥まみれになったあとの自分の体から立ち込めてくる臭いはなんとも言えないものでした。。。
そうは言っても、途中野生のリスをみたり、白樺がたくさん生えた森の中を通ったりとハイキング感覚でなんだかんだかなり楽しんでしまった。

e0090591_1125918.jpgそしてwagon rideの後は、hot dog作りに挑戦。
このhot dog作りに際しては、まずソーセージを長い針金に刺して焚き火の火で炙ることからスタートするのですが、たかがhot dogではあったもののこの焚き火で炙ったソーセージが最高。

そして極めつけはマシュマロ!
初めて体験したけど、この串刺しにして炙ったマシュマロの外側はこんがりしつつも、ほどよく溶けた味がたまらなかったー。

これぞCanada!という素敵な体験が出来た一日でした。
[PR]
by chappyhappy86 | 2007-04-07 23:57 | Canada Calgary

St.Patrick's day

e0090591_13273974.jpg3/17はSt.Patrick's dayということでSt.Patrick's day partyが開催されました。

聖パトリックの命日であるこの日はもともとはIrish cultureが起源のようですが、今ではIrishの移民が多い北米を始めとして世界を挙げてのお祭りとなっているようです。
ここCanadaでもこの日は大盛り上がりで、そこら中のpubがあふれんばかりの人で大混雑。
e0090591_1328624.jpgちなみにIrish symbolのshamrockをイメージするグリーンのものを身につけるのが習慣になっているよう。
「If you don't wear green clothes, I'll pinch you!」と言われたため、私もありったけのグリーングッズを身につけて参加。
周りを見回してもどこもかしこもグリーン一色!
パーティではIrish danceのステージがあったり、また私たちもIrish danceにチャレンジしたりと、お酒の効果も手伝ってか楽しいひと時を過ごすことが出来ました!
[PR]
by chappyhappy86 | 2007-04-03 13:52 | Canada Calgary