先日カルガリーより帰国しました!日々の出来事・体験したことや思い出を写真とともに綴ります。


by chappyhappy86
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2007年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

Summer festivals in Calgary

日々夏らしい天気が続く毎日のここCalgaryですが、それにつれて最近はたくさんのお祭りが毎週開催されています。

まずは先月末に4th street SW一体を歩行者天国にして行われた「ライラックフェスティバル」。
こちらはCalgaryでも一番人気のあるFestivalの一つのようです。
通り沿いにいくつもステージが作られていて、そのうちの一つにUofC時代のクラスメートのお友達が出演するとのことでまずはそちらへ。
赤と黒の衣装を身にまとってLatin Danceステージに登場した彼女たちはMamboを披露。
そして他にもColombian DanceやTangoなどが披露され、それぞれのdanceだけでなくユニークな衣装にも注目でした。e0090591_16415383.jpge0090591_16421477.jpg

大混雑した通りにはちびっこジャグラーや風船使いも登場。
ちびっこジャグラーは芸をひととおりお披露目した後に「あれっ、チップは??」と聞いているところが何とも微笑ましい感じ。
また風船使いのお兄さんとおばさんの周りには小さな子供たちがたくさん群がっていました。
e0090591_16432143.jpge0090591_16433888.jpg

そしてもちろんお祭りらしく屋台や出店もたくさん!
かわいい雑貨のお店やおいしいポップコーンのお店、はたまたCalgaryらしくCowboyグッズを扱うお店など見ているだけでも楽しいものが盛りだくさん。
そんなお店を堪能しながらぶらぶらしていると、どことなく聞き覚えのある懐かしい音色が。
音の所在を辿って行くとその正体は日本の古道具屋さんが演奏していた三味線の音色。
こんなところで三味線に出会うとは。。。
e0090591_16441183.jpge0090591_16444369.jpg

e0090591_1645519.jpgそしてこちらはこの日のために特設されたビーチバレーコート。
通りの真ん中に砂浜の砂を敷き詰めて即席でビーチ仕様となったこのコートでは、ビキニやTシャツに短パンのCalgarianが本気モードでビーチバレーを行っていました。
応援している側もビールなどのアルコールが入って微妙にexcite。
あたかも本当にビーチにいるような感覚を覚えました。


e0090591_16455154.jpgお次はOlympic Plazaにて行われた「Asian Night Market」。
アジア特有の夜祭やナイトマーケットを意識したこのフェスティバルでは、小規模ながらもアジア各国特有の小さな屋台がたくさん。
とはいってもここ最近は日の入りの時間がかなり遅く、なかなか暗くならないここCalgary。
Night Marketの雰囲気を味わうためにもちょっと遅めに出発。


屋台の多くは中国茶やマッサージ、占い、ランタン、アジアン雑貨などなど。
中には実演で書をしたためているおじさんなんかもいて、その辺りにはそれを興味深く見守るたくさんの人たちが。
e0090591_16462611.jpge0090591_16473356.jpg

e0090591_1647593.jpg園内の真ん中にはランタンの屋台が。
デザイン、サイズともにいくつかの種類があり、自分で組み立てるようにデザインされたランタンを利用してお店の店員さんが工夫を凝らして金魚の形のデザインなどのランタンも組み立てて店頭にデコレーション。
周囲に夜の戸張が下りるにつれてそこから発せられる温かい明かりが周辺を明るく照らします。
近づいてよーく見てみると、、、Canadaの国旗をあしらったこんなランタンまでありました!


e0090591_16483630.jpgそしてこちらが先日行われた「Greek Festival」です。
入場料を5ドルほど支払い会場に入るとGreek foodのDeliやアート、アクセサリーのお店などが。
そして中央に設けられたステージではダンスやコンサートが行われていて、ちょうど入場した時には音楽の合わせてGreek DanceのWorkshopが行われている真っ最中。
私と友達もそのダンスの輪の中に参加しチャレンジしてみたものの、やはり難しい。。。

e0090591_16485489.jpgで、極めつけはこのGreek Food!
こちらは5ドルほどでしたが、もっちりとしたこの食べ物のおかげでかなりお腹がいっぱいになり、夕ご飯いらずとなってしまったほど見た目以上に食べ応えがありました。
この後に食べたデザートのドーナツ生地にシナモンと蜂蜜をかけたお菓子も満足感いっぱい。
じっくりギリシャを堪能した一日でした!

そしてとうとう来週からはCowboyの祭典、「Stampede festival」がスタートです!
[PR]
by chappyhappy86 | 2007-06-30 22:58 | Canada Calgary

「Seven Wonders of Canada」

e0090591_15344778.jpg













Canadaを代表するテレビ局であるCBCの主催でThe Seven Wonders of Canada projectというものが立ち上げられ、視聴者からの投票によるCanadaを代表する風景の選出が行われました。
題して、「Seven Wonders of Canada」

ちなみに審査員による選出ものは「The Canoe」、「Niagara Falls」、「Pier 21, Halifax」、「The Rockies」、「The Igloo」、「Old Quebec City」、「Prairie Sky」の7つ。「Niagara Falls」と「The Rockies」は視聴者・審査員ともに選出したものとなっているのですが、日本人の私たちでも知っているこの2つのメジャーな観光地が単なる観光地としてだけでなく心に残る風景として多くのCanadianの支持をも得ていることが感じ取れると思います。

また選出に際して興味深かった点が、単なる世界遺産や観光地として有名な場所のみが選出されている訳ではない点。
興味深い歴史を辿ってきたこの国の人々のCanadaという故郷を感じる懐かしい風景がピックアップされているところも注目すべきところかも知れません。

中でも私のお気に入りは「Prairie Sky」。
いつかこんな風景に出会いたいものです。

・ 「Seven Wonders of Canada」  http://www.cbc.ca/sevenwonders/
[PR]
by chappyhappy86 | 2007-06-25 16:03 | Canada Calgary

6ヶ月が経過して

e0090591_13361054.jpg今日でカナダ入国以来半年が経過。

思えば日本を旅立ち、バンクーバーの入国審査時に一年間のビザがもらえるかとどきどきしていたのが半年前のこの日。
初めて降り立った時は大雪だったここCalgaryもあの頃とは打って変わって、澄んだ青空と眩しいばかりの太陽の光が降り注ぐ季節となりました。
ここでもまた月日の経つのはほんと早いと感じているけど、何よりも思うことは「色んなことをリセットまでしても、やっぱりカナダに来て良かった!」ということです。

とうとう折り返し地点まで来てしまったけど、残りの半年もいろんな経験をしてたくさんの人と出会って多くのことを吸収し、自分の人間としての器を大きく広げられたらいいなと思います!
[PR]
by chappyhappy86 | 2007-06-19 13:50 | daily life

ただいまBarista修行中

昼間の時間を利用して、最近ダウンタウンにあるStarbucksでもお仕事を始めてみました。

1次面接のDistrict managerとの面接では、「あなたのStarbucksのイメージは?なぜStarbucksで働きたいのか?」、「わからないことやトラブルが発生した時にどう対応するか?」、「接客業において重要なものは?また過去の顧客対応経験においてあなたが誇れる印象的なものは?」、「困難をどう切り抜けるか?」などの質問がされたのですが、この面接時に気合を入れすぎたのかCalgaryでも1、2を争うくらい忙しいと言われる店舗に配属になってしまった。。。

私の店舗はオフィス街にあるため、勤務中はほんと戦争のような忙しさ。
そのうえこっちの人の細かいカスタマイズのオーダーの対応に四苦八苦してます。
日本ではほとんどノーマルの「Latte」か「Iced Latte」しかオーダーしたことがなかったし、店舗に買いに来ている人をみてもそんなオーダーをしてるような人にそれほど遭遇したことがなかったけど、こっちの人はカスタマイズというのがほぼ当たり前。
それも「Tall non fat extra hot latte」なんていうのはまだましなほうで、中には「Decaf double tall 6pumps non fat no whip extra hot mocha」とかいうのもあったりして、これを早口で言われてしまうと完全にキャパオーバー。
が、この後Drinkを作るBaristaにこのオーダーを伝えなければならないのでこの作業が責任重大な訳です。
しかもエスプレッソマシンやミキサーの音でオーダーの声がかき消されてしまい、最初はmanagerに「Screeeam!!」とか言われたりもして。

こんな忙しい環境だけど、働く側として「この会社っていい会社だなぁ。」と思えることもあって、会社側がPartner(Starbucksの運営に関わっている人全員を指すらしい)という人材をいかに大切にしているかを強く実感出来るところが会社の社会的イメージをよくしている本当の理由なんだろうなと痛感。
例えばPartnerは週に1度、店頭で販売している1lbのコーヒーまたはtazo teaのティーバック1箱を無料でもらえるうえに、働いて3ヵ月後からはいわゆる日本でいう健康保険も適用になるのでその保険を利用して歯医者やマッサージにも行けちゃうらしい。
私みたいな一時滞在のワーホリメーカーでBaristaをやっているPartnerでもOKと聞いて、特にこの保険の制度にはびっくり。
他にも一週間の就業時間によって大学や専門学校などの奨学金が支給されたりだとか。
「会社の成長は人材あってのもの」という企業の姿勢の表れなんだろうけど、こういったものが制度としてのみ存在してるだけではないところがStarbucksが世界を代表する最も影響のある企業の一つとして高く評価されている所以に繋がっているのだろうと実際働いてみて日々実感してます。

「この店舗で修行をつめば他のどこのStarbucksに行っても間違いなく通用するよ。」と言われたくらいの忙しさの中で働いているものの、誰もがテキパキとしかもお客さんとのコミュニケーションも忘れることなく仕事をしている点は見習わなきゃと思いました。
「彼らが言ってたのはコーヒーに関する知識より、その人の人柄ありきということ。一緒に働きたいと思えるパーソナリティが大事みたい。コーヒーに関する知識は教えられたりすることで後からいくらでも身につけることが出来るけど、その人のパーソナリティはそう簡単に変えられるものではないからね。」という言葉を聞いて納得。
「早く一人前になれるよう頑張らなきゃ!」ということでただいま毎日修行中です。

e0090591_1282626.jpg←初日に手渡された分厚い「Barista Learning Journey」というマニュアルと「Coffee passport」。
最初はひたすらこの「Barista Learning Journey」で眠さと格闘しながらお勉強の日々でした。
CEOのHoward Schultz氏の書いた「Pour Your Heart into It: How Starbucks Build a Company One Cup at a Time 」(日本語版:「スターバックス成功物語」)も読んでみたいけど、こういう専門書となると英語版はちと厳しそうだなー。
[PR]
by chappyhappy86 | 2007-06-16 23:53 | Canada Calgary

Rainbow!!

e0090591_12453127.jpg

空を見上げてみたらこんな素敵な贈り物が。

先週末はせっかくの週末にもかかわらず朝からあいにくのお天気でしたが、夕方にダウンタウンに出かけようと最寄の駅に続く歩道橋を歩いていたら正面に大きなアーチを描いた虹を発見!

こちらに来て以来、虹を見たのはこれが3回目。
日々こういった毎日の小さな出来事に目がいくことが多くなっている気がする。

これらの虹たちがGood luckを運んできますように!
[PR]
by chappyhappy86 | 2007-06-07 12:44 | daily life

チジミNight

e0090591_15253319.jpgUofC時代のKoreanのclassmateのお家に遊びに行ってきましたー。

お手製のチジミをCanadaのビール「Keith」とともにいただきました。
このお手製チジミは今回で2回目だったけど、今回の2種類もかなりおいしかったー!

おかげで食べ過ぎて、帰りはお腹いっぱいで若干動けなくなりました。。。
[PR]
by chappyhappy86 | 2007-06-04 15:23 | daily life