先日カルガリーより帰国しました!日々の出来事・体験したことや思い出を写真とともに綴ります。


by chappyhappy86
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

異文化理解に見る日本 - Geert Hofstede's research about Cultural Dimensions-

今日は仕事を終えて英会話へ。
今日のlessonは英会話というよりはdiscussionに近いもので、先生があらかじめテーマや関連する素材を用意してくれていたのですが、これがかなり難しかった。。。

今日の素材はGeert Hofstedeという文化人類学者のresearchで、このresearchの結果から得た各国のデータ(大部分は1967年から1973年に行われた全世界のIBM社員に対してのものがベースとなっている模様)を、以下の5つの項目に分類し指標化したものです。

・Power Distance Index (PDI)
・Individualism (IDV)
・Masculinity (MAS)
・Uncertainty Avoidance Index (UAI)
・Long-Term Orientation (LTO)

わが国日本に関して見てみると、「Masculinity」と「Uncertainty Avoidance Index」のスコアが高い!!
簡単にいえば、「Masculinity」は社会における重要な部分や権力構造をいかに男性的思想が支配してきたか、「Uncertainty Avoidance Index」 は社会の中の不確実性やあいまいさに対する耐性のレベルをそれぞれ示したものなのですが、「Masculinity」に関しては日本は95%で2位ハンガリーの88%に大きな差をつけて堂々(?)の1位でした。
この点に関してだけは30年近く前に行われた調査から得られたとーっても古いデータであることを節に願いたいところです。。。

それにしてもこのデータを見た外国人の方々は日本の社会構造についてどう思うのでしょうねー。

Geert Hofstede 「Cultural Dimensions」 : 
http://www.geert-hofstede.com/
[PR]
by chappyhappy86 | 2005-11-17 23:38 | culture