人気ブログランキング |

先日カルガリーより帰国しました!日々の出来事・体験したことや思い出を写真とともに綴ります。


by chappyhappy86
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

「ウォールフラワー」 - Wall Flower -

TOEICのtestも終わったということで先週からまた本を読み始めた。

まずは買ったのにほったらかしにして溜まってしまっているものからとりあえず片付けていってしまおうということで、その第一弾は「ウォールフラワー」

この作品はあるアメリカ人のティーンエイジャーの日常生活が描かれた作品。
ちょっと変わっているのが、主人公の少年がある人に書いた手紙というスタイルをとってストーリーが進行して行く点。
ドラッグやゲイの話題等、おおよそ考えられるものがほぼ盛り込まれていました。

とりたててこれといった感想はないものの、共感出来たところがいくつか。
まずは友達に自分の好きな歌を集めたカセットテープを一生懸命作っているシーン。
そして「マイ・ライフ・アズ・ア・ドッグ」(←名作!)を観て、「すごい」ってコメントしていたり。
これは彼くらいの年代の子が観るとすごく感じることが多い映画だと思う。
またTHE BEATLESの「something」のシンプルでかわいい歌詞は私もお気に入り。
こんな小さなことがいくつも積み重なって積み重なって、気が付いたらこの作品を読み終えていたといった感じかな。

そういえば主人公が読んでいた本の一つに「ライ麦畑でつかまえて」があった。
よく映画を観たり、本を読んでいると、この作品を読んでいるシーンに出くわすのだけど、これってアメリカ人のこの年代の子のマストアイテムなのかしら。
私が中学生の時に読んだ時は全く共感出来なかった記憶があるんだけど。。。
by chappyhappy86 | 2006-04-03 23:45 | reading